添付2号様式

     

 

1 研修の目的

福祉サービスの中核となる介護職員の養成を図り、高齢化社会の対応の一助とする。

2 研修の名称

  介護職員初任者研修

3 研修の要旨

研 修

課 程

事業所の

所在地

研修

形態

修 業

年 限

研 修

期 間

定 員

()

受講料

()

受講対象者

 

 

 

介護職員
初任者研修

旭川市

通信

8月

3月

15

100,000

一 般

 

 

4 受講手続

 (1) 募集時期

   開校日の2か月前から募集し、3日前に締め切る。

 (2) 受講料納入方法

   申込後指定の期日までに金融機関に振り込むこと。

   また、受講者の申し出により、現金納入も可とする。

   なお、研修の開始までに受講料が振り込まれないときには、受講を断る場合がある。

 (3) 受講料返還方法

   受講前については、当会の都合により研修を中止した場合に限り、受講料を返還する。

   研修開始後については受講料は一切返還しない。

(4)    クーリングオフについては、申込日を1日目として、8日以内であればクーリングオフ

の適用を認める。

5 カリキュラム 

   カリキュラムは、別紙1のとおりとする。

6 主要テキスト

介護員職員初任者研修課程テキスト      鞄本医療企画

7 修了認定

 (1) 出欠の確認方法

   各教科の開始前に出欠確認を行う。

 (2) 成績の評定方法

   通信による課題や研修授業における小テストともに下記による成績によって採点する。

   A(90点以上)、B(80点から79点)、C(70点から79点)

   及びD(70点未満)の4段階とし、C以上を合格とする。

 (3) 修了の認定方法

   自宅課題については、すべとの教科の提出と合格点をとること。

   研修は全てに出席しなければならない。

   欠席した教科については、補講授業を行う。

   終了試験を行い合格すること。

 (4) 修了証明書 

   修了が認定された者には、介護保険施行令に基づき別紙5の様式に基づく修了

   証明書を交付する。

8 補講の取扱い

   受講生の欠席や、理解度不足による補講は評価基準に達するまで行う。

 退学規定

 (1) 受講者が当会の定める諸規定を守らず、又は受講者としての本文に

     あるまじき行為のあったときには、退学を命じることがある。

10 講師   別紙 添付3号様式

11 その他